薪窯で焼いたおひさまパンで作るサンドイッチが大人気【おひさまパン工房】

サンチェリー近く、レトロな木造校舎風の建物が目を引くおひさまパン工房。

「お客様との絆作り」を信念に、薪窯で焼くパン屋として宮島でオープン。2017年に現在の場所に移転した。

自然にある材料だけを使い(無添加)、発酵から焼き上がりまで4日かけて作られる食パン「おひさまパン」。

ここでしか食べられないおひさまパンはもちろん、それを使ったサンドイッチシリーズが人気のお店だ。

どの商品にも、商品として作られるようになったストーリーがあり、店主の思いが込められている。

おひさまパンで作る3種類のサンドイッチ


「生フルーツサンド1200円(税別)」

お店1番人気のサンドイッチ。4種類の自家製クリームと10種類のフルーツをサンド。クリームは月替わりで楽しめる。

毎月23日は「フルサンの日」として、15種類のフルーツが入ったプレミアムフルーツサンドを販売。

現在、商品はすべて衛生的にパッケージされて販売中。


「金のカツサンド1400円(税別)」

栄養たっぷりの牡蠣の殻を食べて成長した、希少な瀬戸もみじ豚を使ったカツサンド。

ジューシーなフィレ、脂の甘みを感じるロースの2種類を味わえる。

揚げずに調理したヘルシーなカツに、鉄窯焙煎の金ごまをふりかけて。


「厚焼きジュワーっと玉子サンド1200円(税別)」

だしの効いた柔らかくしっとりとした玉子焼きに、明太子や海苔・チーズ、生ハム、桜海老を合わせたもの。

味のバリエーションが豊かで、お酒のおつまみにもおすすめ。

サンドイッチ以外にも!味も見た目も茶目っ気も抜群な商品


「トリオスコーン720円(税別)」

チョコ・紅茶・ホワイトチョコの3種類。少しトーストするとさらにおいしい!


クリームソーダ「デカメロン伝説(左)」「青いサンゴ礁」各700円(税別)

その名も昭和世代に懐かしいクリームソーダ。アイスがダブルになっているのがうれしい。

飲食はオープンテラスで


現在、感染症対策のため、飲食はオープンテラスのみ可能。

トレイやトングは高温洗浄、電子マネー決済の導入、入場制限、足元のソーシャルディスタンス、換気などにも力を入れている。


 

 

店名 おひさまパン工房
電話番号 0829-32-6055
所在地 廿日市市新宮2-14-14
営業時間 11:23~17:00
定休日 月・火
ホームぺージ http://www.miyajima-pan.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/ohisamapankobo/?hl=ja
駐車場 6台
アクセス 広電廿日市市役所前駅 徒歩8分
備考